大会会長挨拶

日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会
大会会長 須藤 俊明

このたび、日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会を平成30年8月25日(土)、26日(日)の両日に栃木県総合文化センターおよび宇都宮東武ホテルグランデにて開催する運びとなりました。

本学術大会は、関東甲信越地区1都9県の病院、診療所および保険薬局等に勤務する日本病院薬剤師会会員の皆様の倫理的及び学術的水準を高め、さらに医療薬学をはじめ薬剤業務の発展を目的とし、昭和46年に第1回を開催して以来回数を重ねてきております。

第48回学術大会におきましては、一般社団法人 栃木県病院薬剤師会が担当し、「薬剤師の未来を創ろう〜さらなる飛躍の時〜」をメインテーマといたしました。近年、医療の急激な進展に伴い、それぞれ高い専門性をもつ医療従事者が、協働して患者中心の医療を実践するチーム医療を推進することの重要性が強く認識されるようになっています。これまで私たち病院薬剤師は、病棟薬剤業務をはじめ、がん化学療法、感染対策、妊婦授乳婦、NSTなど専門薬剤師を介したチーム医療を実践して参りましたが、これからはより多くの病院薬剤師が薬の責任者として自らの規範で考え、患者さんにとって最適な薬物治療を提供することが必要であり、そのためにはさらなる飛躍が重要であると考えております。

本学術大会では特別講演をはじめ、教育講演、シンポジウムおよび研究発表などを通して研鑽を積んでいただくと共に、医療の発展により一層貢献できる薬剤師を目指せるよう、大会関係者一同が準備を進めているところです。

学術面はもとより、会員皆様の親交を深める上でもより多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

平成29年10月吉日